今日は、大寒です。

今日1月21日は、24節気の一つ「大寒」にあたります。
大寒は、読んで字の如く

「冷気が極まって最も寒さがつのる時期」、

簡単に言えば一年中で1番寒い日…。
暦上ではそうなります。

 

 

今年は、実際その通りになりましたね。

 
小寒の1月6日から「寒の入り」で

その真ん中の今日が大寒。

 
この日から15日後が「立春」となり、

春のはじまりが訪れます…ということですが、

今年に限って言えばやっと冬が始まったという感じです。

 

 

寒の内に汲んだ水を「寒の水」と呼び、

水に雑菌が少なく腐りにくいとされています。

 
大寒の時期に、その寒さを利用して

味噌や醤油、日本酒などの仕込みを始めるのですが、

その際に長期保存に向いているとされる寒の水を使います。

 

 

最近では、大寒の日に産み落とされた卵は「寒たまご」と呼び、

風水的には金運をアップさせる効果があるとのこと。
今日、大寒の日には卵を食べましょう…と。
これは何だか、ビジネスの臭いがしないでも無いが…。

 

 

また、この時期必ずと言っていいほど

ニュースで紹介されるのが「寒稽古」。

 
氷点下の気温の中、上半身裸の道着姿や、

ふんどし一枚で川や海に入って気合いを入れる。

 
「寒稽古」「寒中水泳」「寒中みそぎ」。
これらは全て神様に捧げる神事です。

 
極寒に耐えうる強靭な肉体を養うと同時に、

己を限界まで追い込むことで如何なる苦境にも耐えうる

強い精神力も養う為に行っています。

 

 

くれぐれも何の準備も無く、

自分一人で試してみたりしないようにしましょう。
※良い子は真似をしないように。

 
まぁ、この寒さでそんな人はいないでしょうが…。

寒さ対策は十分に

寒くなってきました。
今年は暖冬の影響で、

比較的暖かい日が続いていたのですが、

ここに来てようやく本格的な「冬到来」といった感じです。

 

 

本来ならばこの時期としては普通の、

言わば平年並みの気温なんでしょうが、

一気に下がった為に、

暖冬に慣らされた身体には思いの外、こたえます。

 

 

夕方頃には、JRの駅前でも

雪らしきものがチラチラしていました。
雪乞いの神事をしていた神鍋高原のスキー場にも

今晩あたり、新雪が期待出来そうです。

 

 

スキー場のように雪が降らないと困る所もあるのですが、

都市部ではできれば積もって欲しく無い…というのが本音です。

 

 

昨日は、東京が大変なことでした。
と言っても、ニュースで知った情報ですが…。

 
朝の通勤、通学の時間帯に雪が降ったというだけで

交通機関が大混乱をきたしていました。
安全の為に、間引き運転や徐行運転を行った結果、

乗客が駅の外まで行列を作って何時間も待ち続ける…。

 
靴の中もグチョグチョで、身体も冷え切って、

あれは風邪を引いてしまいますよ。

 

 

たった1回雪が降っただけで、あんな混乱をきたすとは…。
東京の都市機能の脆弱さが改めて露呈した形になりました。

 
想定外と言えるほどのものでも無く、

普段からある程度予想出来ていたはずだと思うのですが。
何とかならなかっのでしょうか?

 
何か根本的な対策が必要な気がします。

 

 

とは言っても、このあたりでも急に雪が降ったり、

何かあったら同じことかもしれません。

 
自分自身で考えてみても、

雪用の靴は持っていないし、

タイヤも準備出来ていないし…。

 
備えあれば憂い無し。

 
これから寒さ対策は十分に

考えていった方が良いのかもしれません。

小正月

お正月と言えば、1月1日からの数日間を指す…

というイメージがありますが、正確には正月は2回あります。

 
大晦日から3が日にかけての「大正月」と、

今日1月15日の「小正月」です。

 
昔(江戸時代以前)は、月の満ち欠けに合わせた暦である

「太陰太陽暦」というものが使われていました。
この太陰太陽暦では1日が必ず「新月」となり、

15日目の夜が十五夜、つまり満月になります。

 

 

1月1日から数日間の、

いわば一般的なお正月を指す大正月が、

お祓いや招福などの行事が多いのに対して、

小正月はどちらかと言えば

豊穣祈願の行事が多くなっています。

 

 

これは、旧暦と女性とに深い関わりがあります。

 
「月」の字が入っていることからもわかるように、

女性の月経の周期と天体の月の満ち欠けは
ほぼ等しい期間に当たります。

 
1日をついたち(つきたち・月立ち)と言い、

月経が訪れる日と考えると、

ほぼ15日は排卵日にあたり、

妊娠、出産、そして豊穣が約束された

豊かな日だと考えられたのです。

 

 

昔の人にとって、新年の初満月が

いかに豊かにものが実る日と考えられていたのか、

小正月を別名「女正月」と言って、

正月の間忙しかった女性を労る日としたことでも

窺い知ることが出来ます。

 

 

また、小正月の行事の一つに「どんど焼き」があります。
14日の夜もしくは15日の朝から火を焚いて、

前の年の御札や注連飾り、門松、書き初めなどを燃やして、

無病息災と五穀豊穣を祈ります。

 

 

満月に近い「すす払い」なら始まって、

新月の日である大正月を挟んで、

満月の小正月て終わる…。

 
今日1月15日の小正月を迎えて、

ようやくお正月も終わります。

災い転じて福と為す。

昨日、1月11日は成人の日。

 
市町村によっては10日の日曜日に

執り行われた所もあったようですが、

芦屋市の場合は暦通りの第2月曜日に。

 

 

我が家の次女も晴れて二十歳を迎えることが出来ました。
阪神大震災のあった年の夏に産まれた娘は、

母親のお腹の中に居たので、

もちろん震災の記憶はありません。

 

 

今年の新成人は全員、初めて

震災後に産まれた子供達ばかりになったわけです。

 

 

しかし、うちの子もそうですが

震災の際にお母さんのお腹の中に入っていた子供達…

ということで学校では、

「その時の様子を家族の方(特に母親)から聞きましょう。」とか、

震災について学びましょう…等々、

様々な機会が与えられたせいか?
当時大変だったことや、防災に対する意識なんかは、

却ってしっかりしたものがあるように感じられます。

 

 

天変地異などの自然の脅威がもたらす災害。
昔から日本人は、

災害で多くの被害を受け、人の命が奪われると、

「祟り」として神様を祀ったりしてきました。

 
「祀る」という行為は、

気持ちの整理や自然に対しての

敬意の気持ちを生み出します。
自然をよく見て、謙虚に生きなければならない

という戒めの意味もあります。

 

 

10日は、えびす様のお祭りの日でもありました。

 
えびす様は、記紀神話では、

元々は不完全なものとして

海に捨てられた蛭子(ひるこ)でした。

 
そんな蛭子が「祟り神」として復讐する為に戻ってくると、

何故か「神様」としてもてなされて、

なんだか祟るのもバカバカしいと、

とっても良い「福の神」に転じてしまった…というお話があります。

 
なんともチャーミングな神様ですよね。
えびす様が特に関西地方で人気があるのは、

そんな人間くさい性格のせいもあるのかもしれません。

 
文字通り「災い転じて福となす。」
タダでは起き上がらない…
関西人気質が垣間見えます。

出雲大社と美保神社

出雲大社に参拝した翌日、

早朝から美保神社に行って来ました。

 
島根半島の西側と東側の両端に位置する

出雲大社と美保神社。

 
両方の神様をお参りすることを
「えびすだいこく両参り」と呼び、

より良いご縁に恵まれると云われています。

 

 

島根半島の東の突端、

美保関に鎮座まします美保神社は、

全国3385社ある恵比寿様の総本宮とされています。

 
かたや、島根半島の西側に位置する

出雲大社の御祭神は「大国主命」。

 

 

そして、美保神社の御祭神は

大国主命の妻の「三穂津姫命(ミホツヒメノミコト)」と、

長男の「事代主命(コトシロヌシノミコト)」の2人の神様です。

 

 

大国主命がだいこく様、

息子の事代主命がえびす様。

 

 

出雲大社(父親)→美保神社(妻と子供)の順番で

両方の神社にお参りすることを両参りと呼び、

縁結びの効果が倍増する…というわけです。

 

 

まあ、そんな御利益も去る事ながら、

美保神社はお勧めのスポットです。

 

 

島根県と鳥取県の境、

美保関港の奥に佇む美保神社。
優しい潮風に身も心も癒される感じがします。

 

 

出雲大社が父親の強い大きなエネルギーだとすると、

美保神社は、母なるエネルギー。
優しくて、清々しい空気が包み込んでくれます。

 

 

電車も境港までしか無く、

そこから先はコミュニティバスを乗り継いで行くか、

松江から一畑バスを50分ほど乗り継くか…。

 

 

アクセスはなかなか不便なんですが、

道中の風景は心落ち着かせるものがあります。

 

 

何よりも露天の七輪で焼いてくれるイカの姿焼き、絶品です。

 

 

芦屋神社と出雲大社

今年は、お正月の3が日とも穏やかで良いお天気でした。

 

 

我が家は、2日の日に毎年の恒例行事、

氏神様でもある芦屋神社へ初詣に行って来ました。

 

 

そして、翌日3日には芦屋神社とご縁の深い

出雲大社に参拝に出かけました。

 
芦屋神社の御祭神は「天穂日命(アメノホヒノミコト)」。
この天穂日命は、高天原族つまり天皇家の祖である、

天照大御神(アマテラスオオミカミ)の第2子とされています。

 
高天原から地上に降り立ちこの地を統治しようとする天孫降臨に先立ち、

すでにこの地を支配していた出雲の大国主命(オオクニヌシノミコト)に

国を譲るようにと交渉役に選ばれたのが、天穂日命。

 
ところが、大国主命の元へ行くとその人柄に惹かれて、

ついには使命を忘れてその地に住みついてしまいます。

 

 

天照大御神は、次の使者として

経津主命(フツヌシノミコト)と建御雷神(タケミカズチノカミ)を

出雲に派遣します。

 
その後、色々なやりとりがあって

無事、国譲りが成立するわけですが、

2度目に交渉役になったフツヌシは香取神宮、

タテミカズチは鹿島神宮の御祭神になり、

国譲りの際に敗れた建御名方命(タテミナカタノミコト)は、

信濃に逃れ諏訪大社の御祭神になっています。

 
では、そのまま残った天穂日命はどうなったのでしょうか?

 
国譲りが成立した後、大国主命の大神殿を築き、

自ら祭主となって鎮めた…とされています。

 
つまり、その大神殿が今の出雲大社で、

宮司である出雲国造家(千家)がその子孫にあたるというわけです。

 
芦屋神社は、高天原から出雲に向かう途中この地、

天神山に天降った場所に建てられた神社とされています。

 
天神さんである菅原道真も天穂日命の子孫とされていて、

同じく芦屋神社に祀られています。

 

 

芦屋神社と出雲大社の深〜いご縁を感じながら、

二拝四拍手一拝させていただきました。

<旧大社駅>

施術始めです。

本年も、遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。

 

 

本日1月5日(火)が、

杏林堂鍼灸整骨院の仕事(施術)始めとなります。

 

 

昨年のお正月3が日は、雪の降る寒い年初でしたが、

今年は3日とも有難い事に、穏やかな暖かいお正月となりました。

 

 

今年一年間ずっとこうだと良いですね。

 

 

2016年が皆様にとって、

平和で、豊かで、幸せで、健康な一年となります様に

お祈り申し上げます。

 

 

本年もよろしくお願い致します。

年末年始のお知らせ

今日は12月29日、

今年も残すところ、あとわずかになりました。

 

 

杏林堂鍼灸整骨院も、

今日が本年最後の施術となります。

 

 

一年の最後の最後、大晦日の夜になると、

あちらこちらのお寺から鐘の音が聞こえてきます。

 
年越しの風物詩である「除夜の鐘」です。

 

 

近年では、カウントダウンイベントが大流行りですが、

除夜の鐘の場合は、

ただ108の数を数えるだけの行事ではありません。

 

 

人間の煩悩の数だとされる108の数だけ鐘をつくことで、

欲望を断ち切り、罪を消してくれる効果があるとされています。

 

 

元々は、鎌倉時代に中国から伝わった風習で、

当初は毎朝夕に鐘を108回ずつ鳴らしていたようです。

 

 

108あると言われる人間の煩悩。
煩悩とは、人間の心が生み出す欲望や迷いのこと。
それなら、とても108じゃあ足りないのでは?

なんて思ったりもしますが、

 

 

仏教の教えでは先ず、

人間が持つ6つの感覚(六根)、

つまり「眼」(視覚)、「耳」(聴覚)、「鼻」(臭覚)、

「舌」(味覚)、「身」(触覚)、「意」(知覚)には、

 

 

それぞれ3つの状態(三不同)があり、
「好」(好き)、「平」(普通)、「嫌」(嫌い)

 
またその状態には、2つの程度(程度二種)があって、
「染」(穢れる)、「浄」(清める)

 
これらが3つの時空(三世)にわたって存在する。
「過去」、「現在」、「未来」

 
とされています。

 

 

つまりは、感覚、感情、程度、時空の

6×3×2×3=108 というわけです。

 

 

108の煩悩とは、正確に言えば
無限に存在する欲望や迷いを
108に分類してみました…ということになります。

 

 

人間生きていれば、様々な煩悩が生じて当然です。
欲望が全く無くなったら、生存することすら叶いません。

 

 

そんな煩悩を大晦日の除夜の鐘で

一旦リセットして、新しい一年に備えましょう。

 

 

来たる年こそは、

心も身体も健康で過ごすことが出来ますようにお祈りいたします。

 
今年も一年間ありがとうございました。

 

 

新年は、5日(火)より平常通り施術させていただきます。

 

 

では、皆様よいお年をお過ごし下さい。

年越しの大掃除

歳神様(としがみさま)を迎え、

良き一年を迎えるための正月行事。
その為に年越しの「大掃除」は、欠かせないものです。

 

 

そもそも「歳神様」とは、人々に新しい一年の生命を与えると同時に、

新年の運気をもたらすためにやってくる神様のことです。

 
空や山の彼方から各家庭へとやってくると言われていて、

お正月の行事は、この歳神様を

各家庭に迎え入れるための行事とされています。

 

 

歳神様をはじめとする神々が

常世(とこよ)から現世(うつしよ)にやってくるのは、

大晦日から1月1日にかけての清らかな闇夜。

 
この新月の日を挟んで、12月の満月の日から、

1月の満月の日までが「正月」とされています。

 
ただし、このときやって来るのは、福をもたらす神様だけで無く、

厄介なことに疫病神も一緒にやってきてしまうんだそうです。

 
でも、家の中を綺麗にしていれば

疫病神は近寄ることが出来ずに、

福の神だけがやってくる。

 
この福を呼び込み、一年の運気を良くするために、

大掃除をして、徹底的に綺麗にしましょう!…というわけです。

 
なんでも、福の神を呼び込めるチャンスは、

一年に一度、大晦日から元旦にかけての夜しか無いそうで、

嫌が上でも年越しの大掃除は欠かすことの出来ない

一大行事ということになります。

 
年末28日頃までに、大掃除を済ませて家を綺麗にして、

「注連縄(しめなわ)」で歳神様に、

ここが貴方のいらっしゃる場所ですよ、と示し、

「鏡餅」を歳神様に供える。

 
これで、あなたのお家にも来年一年の

福の神様がちゃんとやってきてくれますよ…。
というのが古くからの民俗学として伝えられている

風習なんだそうです。

 

 

※年末は、28日(火曜日)まで、
年始は、5日(火曜日)から
施術いたします。

陰極まって陽となる日

今日12月22日は24節気の一つ「冬至」にあたります。

 
冬至の日は、北半球においてはこの日が1年のうちで
最も昼(日の出から日没まで)の時間が短く、

夜の時間が最も長くなる日です。

 

なお、1年で日の出の時刻が最も遅い日は、

日本では冬至の約半月後、

日の入りの時刻が最も早い日は冬至の約半月前となり、

冬至の日とは一致しません。

 

 

冬至には、太陽の力が最も弱まった日を

無事やり過ごすことが出来た…ことを祝って

世界各地で冬至祭が祝われています。

 
クリスマスも本来は、キリストさんの誕生日では無く、

イラン発祥のミトン教の冬至祭儀や、

ドイツ、北欧のユール(ゲルマン人の冬至祭)が

キリスト教と融合して出来た…とも言われています。

 

 

1年で最も日が短いということは、

翌日からは日が長くなっていく…ということ。

 
そこで、冬至が「太陽が生まれ変わる日」ととらえて、

中国や日本では、1番弱まったこの日を境に再び力が甦ってくる…。
つまり、「陰極まって陽にかえる日」という意味あいで

「一陽来復(いちようらいふく)」と呼ばれたりします。

 
冬至の日を境に「運」が向いてくる、

開運、上昇運に転じる…と考えられているのです。

 
冬至には、昔からカボチャを食べる風習がありますが、

これも「開運」と関係があります。

 
「ん」がつくものを食べて「運」を取り込む…というわけです。
にんじん、だいこん、レンコン、ギンナン、うどん、

そしてなんきん(カボチャ)。

 
南瓜で陰(北)から陽(南)に転じる…というわけです。

 
カボチャは、ビタミンAやカロチンが豊富で、

中風やボケ防止長生きする、
冬場の栄養補給などの効用ももちろんあります。

 
その他には、「柚子風呂」や「小豆粥」を食する…

などの風習もあります。
何れも寒い冬を乗り切るための先人の知恵と言えます。

 

 

明日から、日は少しずつ長くなっていきますが、

寒さは逆に厳しくなってきます。
でも、冬至の今日を境に

「陰」から「陽」へと開けていきます。

 
お日様の力はやっぱり偉大ですね。